吉田拓郎&かぐや姫コンサートinつま恋2006

31年前は、就職したてで、つま恋には行けなかったけれど、2006年9月23日には何としても行こうと、5月にはチケットをe+で確保した。でも、実際のチケットは全く送られてこず、やきもき。ほんとに大丈夫なのか?もう払い込んであるから大丈夫だと自分に言い聞かせて… そんな気持ちが、拓郎&かぐや姫のオープニングで吹っ飛んだ。 昨年、還暦を迎…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二宮神社のお祭り賑やかでした

9月9日、二宮神社例大祭が行われた。 二宮神社は、元小河大明神と呼ばれ、平安時代には、小川の牧(牧場)が置かれていたと言われるこの地域の守り神として祭られていたことが推測される。 武蔵六所の宮の二之宮とされたことが「私案抄」にも出ている。 一之宮は言わずと知れた武蔵府中の「大國魂神社」である。 今年は、たまたま土曜日だったせいか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「母の手」2

季刊「銀花」2006秋第147号の特集は「母の手」2だ。端縫い物語と題して、端切れを少しずつ集め、集め集めして、貯まった端切れを、ひと針、ひと針丹念に、丁寧に縫い、半天や米袋が、今で言う金襴緞子のパッチワークが、しわくちゃの母の手で作られたことに感動を覚えた。 加賀ぬきにもその美しさに感動した。 7年前にも「母の手」特集があり、私は…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ヨルイチが行われました

8月26日(土)午後4時から10時まで、武蔵五日市駅~子生神社(黒茶屋前)までの五日市街道がかつて「市」でにぎわっていた五日市が「ヨルイチ」として蘇った。各商店が工夫して、昭和初期の街の雰囲気を出そうと取り組み、街道沿いには、こどもたちを中心に制作した手作り行灯も約60基展示され、ヨルイチの雰囲気を演出していた。開館時間を延長した五日市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室生寺の石楠花がきれいでした。

連休を利用して、室生寺、長谷寺へ行ってきました。 JTBの「初夏の花めぐり京都・奈良」のタイトルに誘われて、室生寺の石楠花、長谷寺のボタンを見に行ってきました。 青梅線の始発電車に牛浜から乗り込み、東京駅へ。 ツアーは総勢30名、熟年夫婦が半数を占める、旧婚旅行というか、そんな様相でした。 こだま号でウトウトしながら名古屋まで行…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

青梅のお祭りに行ってきました。

5月3日に青梅住吉神社の例大祭に行ってきました。 それもお囃子を聴きたかったからです。 青梅のお祭りは、山車祭りとも呼ばれ、それぞれの町内には見事な山車があります。中でも森下町の山車は古く、竹内宿弥の人形とともに、神田三河町四丁目から明治始めに購入されたもので、一昨年の江戸開府400年祭で、里帰りを果たしたそうです。 お神輿はなく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が家に咲く、花々です

今日は、落雷で停電になりました。 お風呂タイマーやビデオも0:00になってしまいました。 30秒くらいだったと思いますが、かなり長く感じました。 電気があるのが当たり前だと思ってしまっている自分の馴れに 「これではいけないな!」と…… 我が家の庭にも花々がかわいい顔を見せています。 これは、カエデの葉です。昨年の…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

虹、レインボー

久しぶりに虹を見ました。くっきりと赤い屋根から青い屋根へと7色の帯が半円を描いていました。車の中からでしたが、思わず「オオー!」と声を上げてしまいました。 今日は、ある会のお別れ日帰りで富士吉田の鐘山温泉へのバスツアーでした。 まだ雨の落ちない午前中に忍野八海へ行き、午後から、ゆっくりと温泉に浸かり、食事をしながらカラオケで盛り上が…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

桜、さくら、サクラ、Sakura咲く

あきる野市中央公民館の「オカンヒザクラ(大寒緋桜)」。 まだ、わが市ではソメイヨシノは、つぼみが少し膨らんだくらいで、咲いていない。 ここの桜が最初に咲く。ピンク色の濃い花びらだ。 カメラマンが次々にやってくる。 これは、「五日市憲法草案」の顕彰碑。 昭和34年に、山奥の深沢という地区にある深澤家の土蔵から…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

土曜日は、女と男のライフフォーラムinあきる野です。

28日の土曜日は、男女共同参画推進事業「女と男のライフフォーラムinあきる野」が秋川キララホールで行われます。 公募市民で実行委員会を組織し、7回にわたる実行委員会の中で、内容を検討し、市民が主体となって企画、準備してきました。 今年のフォーラムのテーマは「愛」です。男女共同参画社会を実現していくためには、女性も男性も性別にとらわれ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「多摩川に虹をかけた男」を観にいってきました

今日、1月22日(日)午後2時から川崎市溝口の「すくらむ21」のホールで行われた川崎市青少年舞台芸術活動事業「多摩川に虹をかけた男~田中兵庫物語~」を観にいってきました。 このホールは、男女共同参画センターとして位置づけられているのですが、築50年くらいたっているのではないかと思わせるくたびれた椅子に滲みだらけの壁が歴史を感じるホール…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

今日で年末年始の休みも終わり

6日間の年末年始休みも今日で終了。 明日から忙しい日が続く。行事が目白押しだ。 書初め大会、成人式、男女共同参画のフォーラムなど、3月まで連続だ。 ところで、田中丘隅をご存知でしょうか? 江戸時代享保の頃、一介の農民から代官になった人だ。 学問のための学問ではなく、実地の学問を通して、農業、治水に功績を納め、 時の大岡越前守…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライオンキングを見てきました

今日、違う、もう1月1日だ。 昨日の12月31日、四季劇場で「ライオンキング」を観てきました。 いまさら、初めてとは言いにくいのですが、初めて観ました。 さすが、劇団四季のロングラン公演、その理由もわかるような気がしました。 シンバだけでなく、ザズ、スカーなどすべての出演者が一つになって地球の平和、前を向いて動くことの大切さを表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

19期ブログに書き込みができなくなったよー

昭和高校19期のブログの11月の書き込み200に達し、ついに書き込みできなくなった。予想もできないことだったのでしたが、みんなが、自分の気持ちを素直に表現できり場になったんだなと、つくづく思います。掲示板の歌がネットを通じてできたり、いろいろな人の持っている力がつながって創りあげる、大げさに言えば、文化の創造だよね。いいことだーーあ。と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品川歴史館特別展「東京の古墳」を見てきました

11月1日に、「品川歴史館」で行われている特別展「東京の古墳」を見てきました。 代休が取れたので、家を9時に出て、五日市線、青梅線、そして中央線に乗り、東京駅で京浜東北線に乗り換えて、長い電車旅でした。普段地元に勤務している私にとっては、電車に乗る機会はあまり多くありません。 案の定、大井町で降りてしまい、「あっ、いけね!」、大森…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の中でしたが、すばらしい舞台でした

菅生一座「旗揚げ一周年記念公演」は、いっとき小雨が降り続きましたが、「白波五人男~稲瀬川勢揃いの場」、「水戸黄門漫遊記~巷で噂の旅芸人一座の巻」、そして歌舞伎「絵本太功記十段目~尼崎閑居の場」の3演目が上演されました。会場は、菅生の旧家野口正毅邸。縁側に続舞台を広げ、立派な花道のある舞台でした。菅生地区の住民が、それぞれが持っている技能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨で、菅生一座の公演は?

10月9日の今日、裏方から出演までをあきる野市菅生地区住民の協力で行う菅生一座による歌舞伎公演が、旧家野口家で行われる予定だった。 公演時間はごご1時からだが、朝から雨。 座敷の前に縁側につながる花道をこしらえ、立派な舞台が出来上がった。 せっかくだから、青空の下で見たいと思う。 10日が体育の日の祝日のため、雨の場合順延とのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近は調子がいまひとつ

このところ、足のひざから下が冷たく感じる。 冷房病のひどい状態が続いている。 首から肩にかけても、こっているというよりズドンという感じである。 気もめいっているのか、自分のやっていることがこれでいいのか、間違ったことをやっているのではないか、と自問自答している。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

群馬県少年の主張審査会にいってきました

9月24日、青少年委員の研修で群馬県少年の主張審査会を聞いてきた。あきる野市では12月3日に第3回中学生の主張大会を青少年委員が中心となって開催するので、運営の様子や進行方法等を学ぶ目的で参加したのである。青少年委員13人と事務局で参加した。 群馬県では毎月第2土曜日を「少年の日」と定めています。この少年の主張は「少年の日」推進事業…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more