今日で年末年始の休みも終わり

6日間の年末年始休みも今日で終了。
明日から忙しい日が続く。行事が目白押しだ。
書初め大会、成人式、男女共同参画のフォーラムなど、3月まで連続だ。
ところで、田中丘隅をご存知でしょうか?
江戸時代享保の頃、一介の農民から代官になった人だ。
学問のための学問ではなく、実地の学問を通して、農業、治水に功績を納め、
時の大岡越前守に認められ、将軍吉宗により代官に任ぜられた。
生まれは、武蔵國多磨郡平沢村(現あきる野市平沢)。20代で川崎村(現神奈川県川崎市)の名主田中家の養子となり、43歳で川崎宿本陣名主となった。
当時疲弊していた川崎宿であったが、六郷の渡船権を獲得するなどし、立て直しを図った。
また、50歳を過ぎてから学問を本格的に開始し、「民間省要」を著し、行政のあるべき姿など、民間人の視点から説いた。
その後、毎年洪水で悩まされていた酒匂川の氾濫を丘隅の考案による堤防を築き、治めた。また、二ヶ領用水を始め、利根川、荒川の治水事業を行い、代官に任ぜられたのである。
川崎市の偉人であるとともに、生まれ故郷「あきる野市」においてもその功績は知られている。
川崎市では、青少年舞台芸術活動事業としてこの田中丘隅を描いた舞台「多摩川に虹をかけた男ー田中兵庫物語ー」を発表する。青少年や市民から出演者を公募し、プロの演劇人と協働で創りあげたものだ。
1月21日(土)午後6時30分、22日(日)午後2時には川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」で公演が行われる。そのほか、1月28日には川崎市教育文化会館、2月11日には麻生市民館で行われる。
とても期待できる公演だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック