桜、さくら、サクラ、Sakura咲く

画像

あきる野市中央公民館の「オカンヒザクラ(大寒緋桜)」。
まだ、わが市ではソメイヨシノは、つぼみが少し膨らんだくらいで、咲いていない。
ここの桜が最初に咲く。ピンク色の濃い花びらだ。
カメラマンが次々にやってくる。

画像

これは、「五日市憲法草案」の顕彰碑。
昭和34年に、山奥の深沢という地区にある深澤家の土蔵から発見された
私擬憲法草案。起草者は仙台藩の元郷士千葉卓三郎。
明治13年国会期成同盟会議の際に次回の会議のときまでに憲法草案を作ってくることを決め、全国各地の民権家により、沢山の憲法草案が作られた。
この五日市憲法草案もその一つであるが、204条にも及ぶ条文だけでなく、国民の権利、地方自治についての規定が充実していること。さらに、憲法草案が千葉卓三郎だけでなく、五日市の豪農衆、名主、村役人たちによって作られた学芸講談会で討議されていることなどの資料から、作られた過程が明らかになっていることなどから、「民衆憲法」と発見者の色川大吉東京経済大学教授(当時)が命名した。
この碑にある銘文は、千葉卓三郎のゆかりのある仙台市、生地岩手県栗原郡志波姫町(現栗原市志波姫)、そして、あきる野市五日市の3箇所あり、同時期建てられている。

画像

憲法草案の近くにある「五日市地域交流センター」で今日26日に行われた「卒業ライブ」フィナーレの様子。中学生から高校、大学生が、多くのサポートを受けながらも、準備、企画、運営、片付けのすべてを行い、成功させた。ロック、ポップス、ダンス,ジャグリングまで、とても楽しい3時間でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック